地上デジタル放送についての回答集 | よくあるご質問【棟梁ドットコム】

問い合わせ

問い合わせ

メニュー

メニュー

よくある質問:地上デジタル放送について

地上デジタル放送に関する質問と回答です。

  • Q:地上デジタルテレビ放送とは、何ですか?

    A:地上波のUHF帯を使用し2003年12月から、関東・中京・近畿の一部エリアから開始されました。この地上波を使ったデジタル放送を「地上デジタルテレビ放送」と呼びます。この地上デジタルテレビ放送では、デジタルハイビジョン放送に代表される高画質・高音質サービスに加えて、双方向番組、高齢者や障害者にやさしい福祉サービス、データ放送による暮らしに役立つ最新情報サービスなどが放送されます。また、BSデジタル放送などが、全国一律な番組を放送しているのに対し、地上デジタルテレビ放送では、地域のローカル色豊かな地域密着型の番組も放送される予定になっており、より視聴者のニーズに合ったサービスが提供されます。

  • Q:地上デジタルテレビ放送を受信するには、どうすればよいのですか?

    A:今お持ちのテレビで地上デジタルテレビ放送をご覧になるには、デジタル放送のチャンネルに対応したUHFアンテナと、地上デジタルテレビ放送対応のデジタルチューナーをお買い求めいただく必要があります。また、地上デジタルテレビ放送対応のデジタルチューナーを内蔵したテレビについては、UHFアンテナからの信号を直接テレビに接続すれば地上デジタルテレビ放送をご覧になることができます。

  • Q:地上デジタルテレビ放送でも、今のUHFアンテナはそのまま使えますか?また、アンテナの向きも、そのままでいいのですか?

    A:地上デジタルテレビ放送は、UHF帯域の電波を使って放送されます。したがって、現在、このチャンネルをカバーしているUHFアンテナをお使いで、デジタル放送の送信搭がアナログ放送と同方向の場合は、地上デジタルテレビ放送を受信できます。また、視聴地域のデジタル放送のチャンネルをカバーしていないアンテナをご使用の場合は、 新しくアンテナを設置する必要があります。さらに、デジタル放送の送信搭の方向が現在のアナログ放送と異なる場合は、アンテナの向きを変える必要があります。

  • Q:BSデジタルチューナーや、BS・110°CSデジタルチューナーで、地上デジタル放送を受信できますか?

    A:BSデジタルチューナーや、BS・110°CSデジタルチューナーでは、放送方式が異なるため、地上デジタルテレビ放送の受信はできません。

  • Q:アナログ周波数変更対策(アナアナ変換)とは何ですか?

    A:アナログ周波数変更対策(アナアナ変換)とは、地上デジタルテレビ放送で使用予定の放送チャンネル(UHF帯域)が、地域によっては、現在使用されている アナログ放送チャンネル(UHF帯域)と重なってしまうため、地上デジタルテレビ放送開始前に、あらかじめ対象となる地域のアナログ放送チャンネルを変更することです。受信側の具体的な作業としては、現行テレビのチャンネルを再設定したり、アンテナを取り替えたりすることがあげられます。

  • Q:現行の地上アナログ放送は、いつまで視聴できるのですか?

    A:2011年7月までは、現在の地上アナログテレビ放送は続きますが、それ以降は停止される予定です。

  • Q:今使っているテレビは、使えなくなるのですか?

    A:2011年7月までは、地上アナログテレビ放送の受信は可能ですが、放送停止以降は、地上デジタルテレビ放送対応のデジタルチューナー等との接続が必要となります。

  • Q:集合住宅(マンションなど)でテレビ放送を共同受信していますが、地上デジタルテレビ放送を見ることはできますか?

    A:現在、UHF放送を受信している設備であれば受信可能な場合もあります。ただし、デジタル放送の帯域を受信できる共同受信用アンテナの設置や、ブースタの調整または交換、アンテナの向きの変更が必要になる場合があります。

  • Q:地上デジタルテレビ放送でも、電話回線の接続が必要ですか?

    A:通常のテレビ番組の視聴には問題ありませんが、双方向サービスを視聴する場合には、受信機に電話線を接続する必要があります。

  • Q:室内アンテナでも見ることができるのですか?

    A:電波の強い地域では、室内アンテナでも受信できる場合があります。ただし、アンテナの置き場所などによって映り具合が変わりますので、注意が必要ですのであまりお勧めはできません。

  • Q:現在、東京タワー(VHF)からの電波を受信していますが、このままで、地上デジタルテレビ放送も見ることができますか?

    A:VHFアンテナでは、地上デジタルテレビ放送は受信することができません。地上デジタル放送は、VHFより高い周波数のUHFで放送されるので、アンテナは 地上デジタルテレビ放送の帯域に対応したものを使用し、ブースタ、分配器などもそれに対応したものを使用する必要があります。また、アンテナや受信機器がUHFデジタル放送に対応していても、テレビが地上デジタルテレビ放送に対応していない場合は、地上デジタルテレビ放送用のデジタルチューナー、あるいは地上デジタルテレビ放送に対応 したテレビを購入すれば視聴できます。

  • Q:ケーブルテレビで地上デジタルテレビ放送を見ることはできますか?

    A:ケーブルテレビ会社によって地上デジタルテレビ放送の電波を送る方式や対応が異なります。したがって、今お住まいの地域のケーブルテレビ会社にお問い合わせください。

  • Q:地上デジタルテレビ放送では、どのような番組が放送されるのですか?

    A:地上デジタルテレビ放送では、ハイビジョンの高画質とCD並みの高音質で番組が楽しめるだけでなく、標準画質による多チャンネル放送、地域密着型サービス、多様なデータ放送、双方向機能を活かした番組への参加、EPGによる番組検索など、様々なサービスやメリットが実現できます。また、総務省の放送免許方針では、「自ら行うアナログテレビジョン放送(補完放送除く)と同一の放送番組の放送については、1日の放送時間中、3分の2以上の時間で放送が実施されるものであること」となっております。

  • Q:地上デジタルテレビ放送でも、BSデジタル放送と同じようなハイビジョン放送(番組)はあるのですか?

    A:地上デジタルテレビ放送においてもBSデジタル放送と同様に、MPEG-2によるデジタルハイビジョン放送を含むサービスが予定されています。また、番組と連動したデータ放送なども行われる予定です。総務省の放送免許方針では、「1週間の放送時間中、50%以上の時間でデジタルハイビジョン放送が実施されるものであること」となっております。

  • Q:地上デジタルテレビ放送は、有料放送ですか?

    A:現時点では、民間放送は広告による無料放送の予定です。また、NHKの受信料に関しては、現在すでに契約されている方は、新たに契約を行う必要はありません。

  • Q:地上デジタル音声放送とは、何ですか?

    A:VHF帯で行われるデジタル方式による音声放送です。CD並みの高音質ステレオ音声を中心にデータ・静止画等も提供できる多彩な放送が移動体においても受信できるようになります。受信機が、この放送に対応しているかどうかについては、カタログや取扱説明書等でご確認ください。

  • Q:地上デジタルテレビ放送でも、番組表(EPG)はあるのですか?

    A:地上デジタルテレビ放送でも電子番組表(EPG)サービスが予定されております。ただし、BSデジタル放送と異なり、各放送局は自局の番組表データしか送信 しないので、メーカーによって、その取得方法や処理方法が異なる場合があります。したがって、EPGの表示についても、メーカー間でそれぞれの特色が出ると思われます。

  • Q:地上デジタルテレビ放送とBS・110°CSデジタル放送は、どう違うのですか?

    A:BSや110°CSデジタル放送は、東経110°に位置する衛星を使った放送です。放送エリアは日本全国ですので、日本中どこでも同じ番組を見ることができます。一方、地上デジタルテレビ放送は、各地域の放送局から送信される電波を受信する放送であり、将来的には、現在放送されている地上アナログテレビ放送に代わるものですので、より地域に密着 した番組が提供されるものと思われます。

  • Q:地上デジタルテレビ放送では、ゴースト障害はないのですか?

    A:地上デジタルテレビ放送では、地上アナログテレビ放送のような画像が2重・3重に映ったり、揺れたりするなどのゴースト障害はありません。

  • Q:スカイパーフェクTV!用のデジタルチューナーを持っているのですが、それで地上デジタルテレビ放送を視聴できますか?

    A:スカイパーフェクTV!用のデジタルチューナーでは、地上デジタルテレビ放送を受信することはできません。

  • Q:地上波において、アナログ放送とデジタル放送とでは、画質や音質に違いがあるのですか?

    A:地上デジタルテレビ放送では、デジタルハイビジョン放送の番組とデジタル標準テレビ放送の番組があり、デジタルハイビジョン放送の番組の画質は現行のアナログ放送より高画質です。一方、デジタル標準テレビ放送の番組の画質は、現行のアナログ放送と同等の画質で放送されます。また、地上デジタルテレビ放送の音質は、CDと同等の音質が提供されます。

  • Q:地上デジタルテレビ放送の、受信エリア拡大スケジュールを知りたいのですが?

    A:総務省の計画では、「関東・近畿・中京の3大広域圏では2003年末までに、その他の地域では2006年末までに放送開始予定」となっています。詳しくは総務省、またはお近くの地方総合通信局にお問い合わせください。総務省
    http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/whatsnew/digital-broad/index.html

  • Q:地上デジタルテレビ放送は、現行のVTR(VHS)に録画できますか?

    A:デジタルチューナーやデジタルテレビのビデオ映像出力を、現行のVTRの外部入力に接続すれば、録画することができます。

  • Q:地上デジタルテレビ放送は、D-VHSでハイビジョン録画できますか?

    A:デジタル録画するためには、HSモード対応のD-VHSとi.LINK端子付きのデジタルチューナーまたはデジタルテレビを接続する必要があります。しかし、デジタルチューナーやデジタルテレビの仕様によっては、接続できるD-VHSが限定される場合がありますので、注意が必要です。また、録画できる場合でも、番組によっては、著作権保護の目的により一° 録画した番組をダビングできない場合があります。一方、D-VHSの機種によっては、地上デジタルテレビ放送の番組が録画できない場合がありますので、メーカーに詳細をお問い合わせください。

  • Q:地上デジタルテレビ放送の録画やダビングは、今までどおり自由に行えますか?

    A:アナログ録画(VHS)する場合は、ほとんどの番組が録画やダビングができます。しかし、デジタル録画する場合は、番組によっては著作権保護の目的により、一度録画したデータをダビングできない場合やまったく録画できない場合があります。

  • Q:アンテナからの信号を、VTRスルーで地上デジタルテレビ放送受信機に接続しても、問題はないでしょうか?

    A:アンテナからの信号をVTRスルーで地上デジタルテレビ放送受信機に接続しても、地上デジタルテレビ放送を見ることができます。しかし、VTRに録画する場合は、そのVTRが地上デジタルテレビ放送を受信する機能がなければ、録画することはできません。

  • Q:BS・110°CSデジタル放送のように、ダウンロードサービスはあるのですか?

    A:デジタル放送受信機のソフトウエアの機能の一部更新や、放送局による放送周波数変更情報等の更新の目的で、地上デジタルテレビ放送においてもダウンロードサービスが行われます。

  • Q:現在、BS・110°CSデジタルチューナー(テレビ)を持っていますが、ダウンロードにより、地上デジタルテレビ放送が見られるようになりますか?

    A:現在のBS・110°CSデジタルチューナー(テレビ)は、地上デジタルテレビ放送が受信できる設計にはなっていませんので、ダウンロードでは地上デジタルテレビ放送を受信することはできません。

  • Q:現在、VHFで視聴している人が、新たに地上デジタルテレビジョン放送を受信するためには、自己負担でアンテナやブースタ等を設置しなければならないのですか?

    A:新たに地上デジタルテレビジョン放送サービスを視聴するために必要な費用については、自己負担となります。

  • Q:サラウンド放送って、何ですか?

    A:5.1サラウンド放送とは、前方に3つ後方に2つ低域強調用に1つと6つのスピーカーを活用することにより、あたかもその場にいるような、臨場感を味わえる放送で、ハイビジョンをより魅力あるものにする音声表現のひとつです。

  • Q:地上デジタルテレビ放送では、車載型受信機や携帯型受信端末が発売されると聞きましたが?

    A:地上デジタルテレビ放送は、移動体(車、電車等)でも受信が可能な放送方式を採用しているので、将来移動体受信機向けのサービスも計画されています。したがって、いずれ移動体受信サービスを受信できる車載型受信機や携帯型受信端末が発売されるものと思われます。

  • Q:2003年12月のサービスエリアが東京湾に向かって広がっているのはなぜですか?

    A:東京タワーからみて西や東、北方向に山間部があり、ここに多くの中継局が設置されています。こうした中継局の一部がアナアナ変更の対象になっており、アナアナ変更対策の終了後にサービスエリアが拡大される予定です。

  • Q:NHK総合とその他の局のサービスエリアが大きく違うのはなぜですか?

    A:NHK総合に割り当てられたチャンネルはアナアナ変更しなければならない中継局が近くにないために、その他の局に比べて送信出力を大きくしています。NHK総合を除く局については、関連する中継局のアナアナ変更が終了する2004年末以降にNHK総合とほぼ同じサービスエリアになります。

地デジアンテナ工事

コンテンツメニュー

BSアンテナ設置の棟梁ドットコム HOME

料金・価格

対応地域

お申し込みの流れ

メディア情報

長期5年保証

予約状況

棟梁おすすめトピックス

お客様の声とご評価

お問い合わせ・お申し込み

サイトマップ

Twitter

ショッピングカート

  • お申し込みから設置完了までの流れ

    お申し込みから取付完了までの流れを分かりやすくご案内

  • マンガで分かる!地上デジタル放送

    マンガでよく分かる地上デジタル放送!全6話を配信中!

予約状況カレンダー

2016年9月
1

レ点

2

レ点

3

レ点

4

レ点

5

レ点

6

レ点

7

レ点

8

レ点

9

レ点

10

レ点

11

レ点

12

レ点

13

レ点

14

レ点

15

レ点

16

レ点

17

レ点

18

レ点

19

レ点

20

レ点

21

レ点

22

レ点

23

レ点

24

レ点

25

レ点

26

レ点

27

レ点

28

レ点

29

△

30

△

2016年10月
1

○

2

○

3

○

4

○

5

○

6

○

7

○

8

○

9

○

10

○

11

○

12

○

13

○

14

○

15

○

16

○

17

○

18

○

19

○

20

○

21

○

22

○

23

○

24

○

25

○

26

○

27

○

28

○

29

○

30

○

31

○

  • ○印、または△印をクリックするとその日程でのお申し込み画面を表示することができます。
Copyright MEDIOTEC Co.,Ltd. ,All rights reserved