受信状態が良くない場合は、アンテナの方向調整が必要かもしれません | テレビアンテナ工事、地デジ・BSアンテナ設置は棟梁ドットコム

問い合わせ

問い合わせ

メニュー

メニュー

棟梁のおすすめトピックス

棟梁がお届けする、アンテナ・電気工事に関するコラムやトピックス。工事をご検討の方に耳寄りな情報や時事に関するちょっとした話題をお届けします。

受信状態が良くない場合は、アンテナの方向調整が必要かもしれません

2013/11/12

アナログ放送から地上デジタル放送に変わる前のお話なんですが、
アナログ対応のBSアンテナで、デジタル放送は見れるのかというのを調べた人がいました。
結果、デジタルチューナー内蔵型のテレビがあれば、アナログ放送の頃から使用しているBSアンテナであっても、一応受信することは可能だったようです。
現在は、10年以上前に発売された製品ではBSデジタル放送を受信するための所要の性能が保証されていないので、視聴できない場合があるそうです。
アンテナを接続し、BSデジタル放送が視聴可能か確認し、視聴できない場合は交換が必要となります。
それ以外のアンテナ不具合として、長年アンテナを使用している場合には、アンテナの向きが微妙にずれてきてしまっている可能性もありますので、
もしも受信状態が不安定であるならば、アンテナ方向調整をしてもらうことをおすすめします。
方向調整をしただけでは受信状態の改善が見られないようなら、アンテナ自体が劣化してしまっている可能性も考えられます。
どちらの場合でも、アンテナ専門サイトの「棟梁ドットコム」にお任せ下さい。
棟梁ドットコムでは、お客様の希望に応じて適切なアンテナに交換することができますので、安心してお任せください。
アンテナ交換の際に、新しいタイプのBSデジタル対応のアンテナに交換すれば、従来のアンテナに比べてかなり高性能になっていますので、快適な受信環境を手に入れることができるでしょう。
アンテナ交換をしなくいい場合であっても、不具合がないか確認し、適切な向きにアンテナ方向調整を行っています。
よく、アンテナの向きの調整くらい自分でできると考える人もいるようですが、一戸建て住宅の場合ですと、
屋根の上での作業になりますから、安全面を考えても、プロである棟梁ドットコムの技術者に依頼して頂ければ幸いです。


アンテナのことなら棟梁ドットコム


地デジアンテナ工事

コンテンツメニュー

BSアンテナ設置の棟梁ドットコム HOME

料金・価格

対応地域

お申し込みの流れ

メディア情報

長期5年保証

予約状況

棟梁おすすめトピックス

お客様の声とご評価

お問い合わせ・お申し込み

サイトマップ

Twitter

ショッピングカート

  • お申し込みから設置完了までの流れ

    お申し込みから取付完了までの流れを分かりやすくご案内

  • マンガで分かる!地上デジタル放送

    マンガでよく分かる地上デジタル放送!全6話を配信中!

予約状況カレンダー

  • ○印、または△印をクリックするとその日程でのお申し込み画面を表示することができます。
Copyright MEDIOTEC Co.,Ltd. ,All rights reserved