新着情報
Home » アンテナの故障 » テレビが映る、映らないはアンテナ方向調整できまる
テレビが映る、映らないはアンテナ方向調整できまる

テレビが映る、映らないはアンテナ方向調整できまる

地上波アナログ放送から地上波デジタル放送に切り替わったので、送信所も東京タワーからスカイツリーに変わりました。

そうすると、アンテナもアナログ放送の時のVHFアンテナは使えませんので、UHFアンテナに交換することになりました。

アンテナ設置は、テレビを購入した際にセットで行ったり、テレビ購入とは別に業者にお願いしたりすることもありますが、

まれにご自分で設置される方もいらっしゃいます。

アンテナ設置をする際に、送信所に向けてアンテナを設置するのですが、これがうまくいかないと一部のチャンネルが映らないなんてことが起きます。

これはアンテナ方向が悪く、アンテナの方向を調整して直すことができます。

自分で行う場合は、事前に中継基地の位置を調べ、その方法へアンテナを向けるようにします。人数が二人いるなら、

一人は家の中でテレビを見ていてもらい、受信レベルと表示される数字の確認をしてもらいましょう。

そしてもう一人がゆっくりとアンテナの位置を調整しながら、受信レベルの数字が大きいところで固定します。

これで、なにもストレスを感じず見たいテレビ番組をみることができます。

ですが、アンテナが屋根の上に設置されている場合、屋根に上って作業を行うのはかなり危険です。

なので、できればアンテナ設置業者にお願いした方がいいでしょう。

アンテナの棟梁では、無料相談・見積りを行っていますので、是非ご利用ください。

<a href=”http://www.touryo.com/setting/antenna-digital.html”>アンテナ方向調節</a>

 

 

アンテナ工事の棟梁ドットコムホームページへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>