新着情報
Home » アンテナの棟梁 » 皆が必ずお世話になる病院のテレビが映りが悪かったら・・・そんな時はアンテナのブースターが役に立つ
皆が必ずお世話になる病院のテレビが映りが悪かったら・・・そんな時はアンテナのブースターが役に立つ

皆が必ずお世話になる病院のテレビが映りが悪かったら・・・そんな時はアンテナのブースターが役に立つ

病院などの関係者の方々、病院のテレビの映りが悪いと感じたら、何が原因か考えてみましょう。

テレビが故障している。アンテナからテレビまでの接続機器に問題がある。電波が弱い。など原因は辿ってみれば色々あります。

今回は電波が弱いと想定しましょう。そんな状況にはアンテナのブースターが役に立ちます。

アンテナのブースターを設置すればテレビの電波を増幅することができます。テレビの電波を増幅することによりテレビの映りが改善される場合があります。

このようなアンテナのブースターには屋内に設置するタイプのものと屋外に設置するタイプのものがあります。

一般的に屋内に設置するタイプの方が、屋外に設置するタイプのものより設置が容易なものが多いです。

ですから病院などであまり手間ひまをかけずにテレビの電波を増幅したいというところは、屋内に設置するタイプが適当です。

また設置に手間ひまをかけたとしてもしっかりと電波を増幅させて、テレビの画像を向上させたいなら、屋外に設置するタイプの導入を考えるのも良いでしょう。

設置する場所でブースターをきめる以外にも、どのような種類の電波を増幅させるのかでブースターが変わってきます。

増幅させるテレビの電波にはUHF、BS、CSなどの電波があります。電波によってブースターも違います。

地上波デジタル放送の画質を向上させたいという場合は、UHFの電波を増幅できるブースターを設置することになります。

今回は簡単な説明だけなので、なにか、疑問やご相談等ありましたらぜひ一度お電話いただければと思います。

ブースターで綺麗な画像を

アンテナ工事の棟梁ドットコムホームページへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>