新着情報
Home » アンテナの棟梁 » 自分でuhfアンテナを設置するとしたら、かなりの技術と知識と度胸が必要です。
自分でuhfアンテナを設置するとしたら、かなりの技術と知識と度胸が必要です。

自分でuhfアンテナを設置するとしたら、かなりの技術と知識と度胸が必要です。

地上デジタル放送になったことをきっかけに、どのご家庭もuhfアンテナを新調することになりました。

元々vhfアンテナというアナログ放送用のアンテナはついていたと思いますが、それでは地上デジタル放送は映らないのです。

なので、地デジに切り替わるという時期はアンテナ設置業者は繁忙期で、お客様は順番待ちで大変だったのを思い出します。

中には、アンテナ設置をご自分でされる方もいらっしゃいまして、その分設置費用などは安く済ますことができますが、はっきり言って危険です。

アンテナ設置をする際は、ベーシックなアンテナですと基本屋根の上での設置になります。

アンテナを具体的な大きさにするとだいたい1~2m位の大きさのものです。これを屋根の上に持っていかなければいけません。

設置にはワイヤーや、ポールなどの設置や固定する金具などの取り付けなどの作業をします。

設置予定場所にポールを設置してそこにアンテナを固定し、台風や積雪の際にも大丈夫なようにとワイヤーで固定することになります。

その後アンテナの受信感度のチェックをして、完了です。

多少お金はかかっても、プロにお願いしたほうが安全ですし、テレビへの配線などもきれいにしてくれます。

最近、地上デジタル用のアンテナ設置をする方は少ないと思いますが、BS放送やスカパーなどをご覧になりたいと思ったら、

ご相談だけでも構いませんので、アンテナの棟梁にご電話ください。専門スタッフがご案内させていただきます。

<a href=”http://www.touryo.com/”>地上デジタル放送用のuhfアンテナ</a>

アンテナ工事の棟梁ドットコムホームページへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>