新着情報
Home » アンテナの棟梁 » 飛び出たアンテナはもう古い、一戸建ての家もすっきり見せるフラットアンテナ
飛び出たアンテナはもう古い、一戸建ての家もすっきり見せるフラットアンテナ

飛び出たアンテナはもう古い、一戸建ての家もすっきり見せるフラットアンテナ

アンテナといえば、屋根から飛び出てるものが普通でしたが、時代のニーズに合わせて、アンテナも変わりましたね。

地デジ化の影響もありますが、震災後、インフラとして、ご家庭で電気を確保すべく、太陽光発電システムを設置する家も増えましたし、

台風などでアンテナが倒れる恐れもあります。「フラットアンテナ」は時代のニーズに合わせた形となっています。

新築で家を建てるときに、せっかくデザインして建てたのに、外観のイメージが崩れる、

なんてときにも、フラットアンテナはそんなに大きくもないので、屋根裏や室内に設置することが可能です。

フラットアンテナの良いところは、薄くて、小型で高利得なところです。フラットアンテナは、壁掛けタイプが多いので、

壁の色に合わせて、ホワイト、ブラウン、グレーなどがあります。また従来のアンテナと違い、持ち運びしやすく、取り付けも簡単です。

壁面だけでなく、ベランダにも取り付けができ、知識さえあればDIYすることもできます。

ただ、自分で付けるとなると、気を付けないといけない点があります。それは、電波状況です。

アンテナ位置によってはせっかく付けても受信できずに、テレビが見れませんでしたっていうことになりかねません。

そうなんです。壁面やベランダに置くということは屋根に比べて、電波強度が弱いということになります。

それは、電気工事店で取り付ける場合も同じですが、その場合は十分に調査をして取り付けてくれます。

しかし、調査しても取り付けられない場合、取り付けても受信感度が悪い場合もあるので、ちゃんと調査して設置してくれる業者を選ばないといけません。

フラットアンテナに興味がある方や、ご相談等ございましたら、アンテナの棟梁にご連絡いただければ、専門スタッフが対応させていただきます。

デザインもスタイリッシュ

アンテナ工事の棟梁ドットコムホームページへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>