新着情報
Home » Author Archives: antena-toryo (page 3)

Author Archives: antena-toryo

自分でuhfアンテナを設置するとしたら、かなりの技術と知識と度胸が必要です。

地上デジタル放送になったことをきっかけに、どのご家庭もuhfアンテナを新調することになりました。

元々vhfアンテナというアナログ放送用のアンテナはついていたと思いますが、それでは地上デジタル放送は映らないのです。

なので、地デジに切り替わるという時期はアンテナ設置業者は繁忙期で、お客様は順番待ちで大変だったのを思い出します。

中には、アンテナ設置をご自分でされる方もいらっしゃいまして、その分設置費用などは安く済ますことができますが、はっきり言って危険です。

アンテナ設置をする際は、ベーシックなアンテナですと基本屋根の上での設置になります。

アンテナを具体的な大きさにするとだいたい1~2m位の大きさのものです。これを屋根の上に持っていかなければいけません。

設置にはワイヤーや、ポールなどの設置や固定する金具などの取り付けなどの作業をします。

設置予定場所にポールを設置してそこにアンテナを固定し、台風や積雪の際にも大丈夫なようにとワイヤーで固定することになります。

その後アンテナの受信感度のチェックをして、完了です。

多少お金はかかっても、プロにお願いしたほうが安全ですし、テレビへの配線などもきれいにしてくれます。

最近、地上デジタル用のアンテナ設置をする方は少ないと思いますが、BS放送やスカパーなどをご覧になりたいと思ったら、

ご相談だけでも構いませんので、アンテナの棟梁にご電話ください。専門スタッフがご案内させていただきます。

<a href=”http://www.touryo.com/”>地上デジタル放送用のuhfアンテナ</a>

CSアンテナを設置すれば、多種多様な番組があるスカパーを視聴できるようになります。

近年、日本国内においてはスカパーなどの衛星放送に関心を持っている人が増加しています。

特にテレビの前に座る機会が多い人にとっては、地上デジタル放送にはない番組を視聴できることで、

日常生活をより豊かにすることもできます。

CS放送とは簡単に説明するとスカパーのことをいいます。そしてこのスカパーを視聴するためにはCSアンテナが必要になるんです。

スカパーの場合は、CSアンテナを取り付けただけでは見ることができません。スカパーとの契約も必要で有料になっています。

インターネット上ではCSアンテナについての情報のやり取りが色々掲載されているので、事前の知識として調べておくのもいいでしょう。

そしてアンテナの取り付け工事を専門的に受け持っている業者も沢山あります。

しかし日本全国には設置工事を行っている業者が増えているものの、本当に優れた技術やサービスを提供してくれる業者は

ごく限られた数しかありません。

何社か保証やサービス、料金などもしっかり掲載しているところを選び、見積を取るなどして納得のいくところにお願いしたほうが安心です。

CS放送の内容は年々充実しており、スカパーを利用すれば好きなミュージシャンのコンサートやスポーツの中継を自由に楽しむことができます。

興味があるけど、どうしようか悩まれている方、是非一度アンテナの棟梁にお電話ください。

専門スタッフがアンテナについてご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。

<a href=”http://www.touryo.com/setting/antenna-sky.html”>CSアンテナ設置</a>

 

 

地上デジタル放送ってどんな仕組みになっているの?

私は地上デジタル放送が始まってからというもの快適にテレビを見ることができています。

これまではアナログ放送が一般的でしたから、電波が悪くなったりするとテレビが見えにくくなってしまうことに悩みを持っていました。

さてここで質問です。アナログ放送とデジタル放送の違いはなにかわかりますか?

まず電波をアンテナで受信して、テレビを見るというのはどちらも変わりません。

しかしその送り方が違っているんです。電波とは空気中に飛ばすことができる電気の事なんです。

空気中なのでいろいろな方向に飛んでいってしまうので、どんどん電波が薄くなっていきます。それが電波が弱い、強いに関係してきます。

そしてそれをキャッチするのがアンテナです。

アナログ放送は、画像のもとになる電気の強さをそのまま電波で送っていたので、電波が弱いと画像が見にくくなるといった現象が起こりました。

デジタル放送は、電気の強さを数字で送っているので、電波が弱い地域でもその数字さえキャッチできれば綺麗な映像を見ることができます。

現在は全て地上デジタル放送になっているので、みなさんのご家庭ではこの数字の電波によって綺麗な映像を見ていらっしゃると思います。

そんな性能のいいアンテナですが、万が一雷や台風で故障してしまったり、アンテナ交換が必要になったときは、アンテナの棟梁にご連絡ください。

アンテナの棟梁では、アンテナの設置工事を行っています。BS放送やCS放送(スカパー)などのアンテナも取り扱っていますので、

アンテナについてご質問、ご依頼などがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

<a href=”http://www.touryo.com/”>進化した地上デジタル放送</a>

屋根の上にアンテナを取り付けなくてもテレビが観れる、デザインアンテナ「FiatOne」について

今まで賃貸に住んでいて、念願のマイフォームを手に入れたら、細部にまでこだわってしまいますよね。

新しい部屋に合うように家具を買い直したり、家電も最新のモノに変えたりと色々大変ですが、楽しい作業です。

そしてテレビを設置するためにアンテナも設置しなければいけませんが、見た目にこだわるなら、デザインアンテナがオススメです。

デザインアンテナというのは、従来の屋根の上に設置するタイプではなく、壁に設置する四角い箱のようなアンテナです。

平面アンテナとかボックスアンテナとも言われています。

アンテナを選ぶ際には、口コミサイトやランキングサイトを参考にすると、色々なタイプのデザインアンテナがあり、

好評を得ている製品やデザインアンテナの種類などを知ることができるので、有効に使えると思います。

アンテナの棟梁でも取り扱っている、サン電子株式会社から販売されている「FlatOne」というアンテナがあるんですが、

このアンテナは澄んだ白のカラーでとてもモダンな印象です。そしてその厚みがほとんどなく、とてもスタイリッシュでスマートです。

これが壁についていても、アンテナに見えないぐらい違和感なく設置することができるので、外観を損なわずにアンテナ設置ができます。

この他にも、デザインアンテナは性能が良いものがどんどん出てきているので、デザインアンテナに興味があったり、

設置したいなと思われている方は、ぜひアンテナの棟梁にご相談ください。詳しくご説明させていただきます。

<a href=”http://www.touryo.com/setting/designantenna_campaign1109.html”>平面アンテナ</a>

 

自分で設置をする人もいますがプロにお任せしよう、スカパーアンテナ取り付け

例えば海外のサッカーを見るために、やはりスカパーに入るしかないと思ってスカパーに入る方が多くいらっしゃいます。

また、野球も好きな方は、スカパーには野球を全試合見れるパックというのもあって、サッカーと野球が見れるパックに申し込むということもできます。

スカパーは見たい番組だけ契約する事が出来、その一つ一つで契約料金が決まっているので、料金も分かりやすくお得になっています。

スカパーは衛星をつかった放送なので、地上デジタル放送用のUHFアンテナが設置してあるだけでは見ることができません。

スカパーアンテナの取り付けをしなければならないのです。

スカパーアンテナは通販で購入することができます。通販で購入すると、電気量販店で購入するよりも安く買うことができたりすることもあります。

この取り付けはちょっとでもDIYを行っている方で、知識がある方ならあまり難しくないので自分で取り付けを行う方もいらっしゃいます。

設置方法として簡単に説明しますと、衛星を使った放送になるので、その衛星にむけてスカパーアンテナを取り付ける必要があります。

ですから、適当な方向につけても映りません。自分の住んでいる場所によって方角などが違うので事前に調べておきましょう。

自分で行うとしたらベランダなどに設置する事が多いのですが、このベランダが衛星からの電波を受信できないような環境でしたら難しいです。

例えば、高層ビルが密接して建っている近くだったり、マンションの一階であまり空が見えないような場所では設置できない事が多いです。

さて自分で設置するという話をしましたが、忙しい人や設置なんてできないという方は、設置業者にお願いしましょう。

プロにお願いすれば、作業も2時間程度で終わりますし、完璧に仕上げてくれます。

アンテナの棟梁でも、アンテナ全般に取り付け工事を請けております。是非必要な際はご相談いただければと思います。

<a href=”http://www.touryo.com/setting/antenna-sky.html”>衛星放送を見よう</a>

 

アンテナのブースターは電波が弱い所の必需品です。

テレビというのは気軽に情報が得られる便利なものですが、テレビアンテナがなければ視聴が出来ないのです。

テレビの電波は送信アンテナから送信されています。もし住んでいる地域が送信アンテナから遠いだけでなく、

周りを山に囲まれていたとしたらとても電波が弱くなってしまっています。

ですからアンテナだけ立てても、きれいに映らないチャンネルが存在してしまっているのです。

幾らアンテナを高性能なものにしたとしても、きれいに映ってはくれないのです。

そこで、方法としてアンテナにブースターを取り付けて電波を強くする方法があります。

それだけで、周りを山に囲まれていても、すべてのチャンネルがきれいに映るようになる確率が高くなります。

ブースターというのは大きく分けて二つあります。一つはアンテナ直下に取り付けるアンテナのブースター。

もう一つはテレビの近くに設置するブースターです。ですが画質の事を考えたらアンテナ下につけるブースターの方が良いと思います。

テレビの近くに設置するブースターではテレビの信号がかなり減衰してから信号を強くすることになります。

ですから信号の質の面で不利となってしまう事があるのです。

ですからテレビの画質を落とさずに楽しみたいのなら、アンテナ下に取り付けた方がベストと言えます。

テレビの電波は山奥だけでなくビルが多い都会でも弱くなってしまう事があります。

なので都会でもアンテナのブースターを取り付けた方が良い場合もあります。

アンテナ設置工事を行っている業者なら、そのあたりも含めブースターを取り付けた方がいいと判断する場合があります。

その際に、依頼者にきちんと説明するところと、何も言わず後で高額な金額を請求してきたりする所もあるので、

事前に無料見積もりなどができるところに依頼して、どれくらい費用がかかるのかなど把握しておきましょう。

<a href=”http://www.touryo.com/”>受信感度を良くするブースター</a>

それだけでおしゃれな部屋に大変身、テレビの天吊り

人生の中で引っ越しというものは何回経験できるでしょうか。

生まれて死ぬまで同じ家で過ごされる方もいらっしゃいますし、一人暮らしで、2年おきに引っ越しをする方もいらっしゃたりします。

引っ越しではなくても、部屋の模様替えなどを頻繁にする方もいらっしゃいます。

その理由として同じ部屋に飽きるからとか、気分転換にという方が結構いらっしゃいます。

では気分をリフレッシュするために、一つ提案として、テレビの設置を天吊りにするなんていかがでしょうか。

あまり、ご家庭での天吊りは見ないとは思いますが、例えば病院やおしゃれなオフィスなどに設置されているのを見た事ありませんか?

それまではテレビというとテレビ台の上に置いて見るものというイメージでした。

ところが最近テレビの天吊りが、とてもオシャレだということで人気が出てきています。

しかも床の場所をとらないので、その分おしゃれにインテリアを飾ったり、棚を取り付けて収納場所として使ったりできるので有効活用できます。

設置する時にテレビは意外と重いので大丈夫なのかと心配されると思いますが、最近の薄型テレビなら軽量ですし、ほとんどの場合問題ないです。

一つ確認しなければいけないのは、家の天井がテレビの天吊りにむいているかどうかです。

強度の問題でそのまま天井に取り付けられない場合は、屋根裏から補強すれば大体の家で設置が可能です。

よくネットで、自分で取り付けましたという方がコメントがあったりしますが、それなりの知識と技術が必要です。

なので、設置をする際には取り付け工事業者に頼んだ方が、安心ですし、早いです。

アンテナの棟梁でも、テレビの壁掛け・天吊りをお請けしております。まずご相談していただければ、詳しくご説明させて頂きます。

<a href=”http://www.touryo.com/setting/tv.html”>テレビの天吊り</a>