新着情報
Home » Author Archives: antena-toryo (page 5)

Author Archives: antena-toryo

地上デジタル放送を見るためにしなければいけないことは、テレビの購入と地デジ工事です。

地上デジタル放送になり、アナログの時代に比べればテレビも綺麗になり見やすくなって、さらに便利な機能が使えるようになりました。

例えば、クイズ番組などにリモコンで参加できたり、現在住んでいる家の近辺の天気予報をピンポイントで教えてくれたりと、

どんどんテレビも進化しています。

さらに録画機能を搭載したテレビは当たり前になってきました。中には勝手にCMカットをしながら録画したり、2局同時に録画ができたり、

これからも見ている人が「こんな機能が欲しいな。」などを叶えてくれるテレビ機器が増えていくと思います。

さて、地上デジタル放送を見るためには、アナログ放送の時のアンテナやテレビは使えないので、

新しくアンテナとテレビの設置を行ったと思います。

これから地デジ工事を行うとしたら、新築の方や、ケーブルTVをやめて新たにアンテナ設置をする方、

もしくは今までテレビを見なかった人ぐらいだと思います。

地デジ工事はテレビを購入した際に家電量販店などで依頼ができるようになっています。

その他に、テレビだけ自分で購入して設置業者をネットなどで探し依頼する、もしくは自分で全て行うなど方法は色々あります。

地上デジタル放送を見るために、どれだけ出費できるかということも考慮して快適テレビライフを手に入れましょう。

地デジ工事

外観を損なわないスタイリッシュなデザインアンテナ「UAH810」

人間ひとりひとり人格があり、性格も違いますし、趣味も生活環境も違います。

なので、それぞれこだわるところが違っても、それが当たり前なんです。

中にはとても美しさというものに関してこだわりがある人もいらっしゃいます。

そんな方は、自分が住んでいる家に対しても深いこだわりがあり、誰が見ても素敵に見られる外観で、

できるだけおしゃれなものにしたいと常日頃から思っていらっしゃるので、

家のまわりの掃除などは毎日丁寧にされたりして、いつもとてもきれいに片付けていらっしゃいます。

そんな方に人気なのが、デザインアンテナというアンテナで、平面アンテナとかフラットアンテナなどとも言われます。

形がボックスタイプになっていて、家の壁に設置するタイプになっているので、

屋根の上の魚の骨の様なアンテナのよりも、見栄えがよくアンテナに見えないのが好評です。

それに太陽光パネルを設置している家も少しずつですが増えてきているので、屋根のアンテナで傷が付くなんてことが出てくるかもしれません。

そんな家にもデザインアンテナはおすすめです。

アンテナメーカーのDXアンテナから販売している「UAH810」は屋内・屋外兼用で、薄型・コンパクト化を実現しています。

それに20素子相当なので八木式アンテナと同じくらいの受信感度を持っています。

色が、オフホワイト・ライトブラウン・ブラックブラウンと住宅の外観に合わせて選ぶことができるので、良いですよね。

アンテナの棟梁では、その他にも、デザインアンテナを取り扱っていますので、是非ご相談いただければと思います。

外観スッキリデザインアンテナ

家の外見を壊さない、人気のデザインアンテナ「UAH900」

テレビのアンテナというとさまざまな横棒がついたものをイメージするかもしれませんが、

最近のアンテナの中にデザインアンテナと呼ばれる商品があります。

デザインアンテナは、ボックス状になっていてそれを壁面に取り付けるというものです。

もし太陽光パネルを設置している家でしたら、パネルを傷つけることもないのでこちらの方が良いのではと思います。

各アンテナメーカーがこのデザインアンテナを販売していますが、中にはブースター内蔵の商品もあります。

しかし内蔵ブースターよりアンテナとは別にブースターを用意した方が電波の受信に有利ということもあるので、

そのあたりを検討して選ばれたらいいと思います。

デザインアンテナにDXアンテナの「UAH900」というアンテナがあります。

屋根上に付けるアンテナと変わらないぐらいの受信感度を持つということで人気があります。

しかし、住宅環境がデザインアンテナに向いていない場合もあるので、自宅周りの環境をふまえて購入してくださいね。

アンテナの価格と手間賃を考えてアンテナ業者に頼まず、自分で設置する方もいらっしゃいます。

デザインアンテナは屋根の上に登らなくても設置できるので安全だからという理由もあると思います。

壁設置の場合、壁に穴をあけて設置する時に水の浸入を抑えるコーキング処理を施さなければいけないので、

ご自分でされるなら、ベランダなどにポールで設置し、固定する方法もあります。

アンテナ本体を購入する際に付属で取り付け金具が入っていることもあるので、確認した上で設置をしてください。

自分では無理な方は、設置業者にお願いしましょう。プロなら壁に設置をする際も一番いい場所に設置してくれるので安心です。

家の雰囲気を壊さないデザインアンテナは、人気がありオススメです。

デザインアンテナUAH900

地上デジタル放送を見るためにuhfアンテナ工事は必要です。

地上波アナログ放送が終了し、地上波デジタル放送に完全に移行をするというときに、

家に設置をしてあったテレビのアンテナがアナログ放送のみを受信できるタイプのものだった場合、視聴することができなくなるということで、

地上波デジタル放送を見るためには、地上波デジタル放送を受信することができるアンテナを設置する必要がありました。

現在は、大体全部の家に設置された地上デジタル用のアンテナですが、これから戸建を建てる方などは新しくアンテナを設置することになります。

専門の業者に依頼をすれば容易にできることなんですが、そのような工事のために使うことができるお金が限られていて、

どうにか自分で安く取り付けができないかと思われる方もいらっしゃると思います。

ですがそのようなアンテナ交換は自分でおこなうというならば、とても時間と労力がかかります。

アンテナ設置を依頼する方法として、テレビを購入した家電量販店なので一緒に設置工事もお願いする方法があります。

その他にテレビは自分で購入して、ネットでアンテナ設置業者を調べ、アンテナ設置を依頼するという方法もあります。

どちらも、最終的なところは一緒なんですが、費用の比較をした場合どちらがお得かというところで選ぶと予算通りで行うことが可能になると思います。

最近は、八木式アンテナの他に、デザインアンテナという壁に設置したり室内に置く形のものも出ています。

しかし、自宅の環境によってどのタイプのアンテナがいいのかということがあるので、そのあたりも含め設置業者に相談されるといいと思います。

設置業者を何社か調べ、相談した上で比較検討されると後で失敗がありません。

アンテナの棟梁でも無料相談を行っていますのでお気軽にお電話いただければと思います。

uhfアンテナ工事

BSデジタル放送を見るために、アンテナ設置をするか、ケーブルテレビにするか迷ってますか?

BSデジタル放送を視聴するにはどうすればよいか。

ひとつは、BSデジタル専用アンテナを立ててBSデジタルチューナーで受信するという方法が一般的です。

BSデジタル放送は基本は無料放送ですのでこれだけ用意すれば普通に視聴できます。

他にWOWOWなどの有料放送もありますが、こちらは別途契約が必要になります。

家を引っ越した場合、引っ越した先でBSデジタル放送をどう受信するかということを悩まれることもあると思います。

BSアンテナを購入してベランダに取り付けるか、それともケーブルテレビから入ってくる放送を受信するかどちらかになります。

ケーブルテレビの放送を受信するには、その地域で放送されているケーブルテレビにあったセットトップボックスが必要になります。

これはBSデジタルチューナーと同じ働きをする機器のことです。これを設置してケーブルテレビの配線と接続することにより視聴が可能になります。

このセットトップボックスとケーブル配線・テレビを接続して簡単な設定をしたあと番組を受信する形になります。

これで地上波デジタル放送、BSデジタル放送などの番組が視聴できるようになるのですが、毎月の使用料金がかかります。

ですので、BSアンテナを設置するほうが、アンテナを設置してしまえばあとは無料でみれるのでお値段的には安くなります。

BS放送は、地上デジタル放送ではやっていないスポーツ中継やドラマなどがたくさんあります。

アンテナを設置して、さらに楽しい快適なテレビライフを送りましょう。

BSデジタル放送

家の周りの環境によって電波が届きにくい場所ならやっぱり八木式アンテナかな

マンションにお住まいの方は、管理者がマンションの管理をしてくれるのでマンションの補修などはお任せすればいいのですが、

戸建に住んでいる方は、家のメンテナンスは自分で行わなければなりません。

家電製品も時々メンテナンスをすることにより、長く使うことができるのと同じで、家も何年かに一度補修工事を行ったほうが長持ちするそうです。

中には家の外回りの補修工事を業者に依頼したついでに、アンテナの交換をされる方もいらっしゃいます。

アンテナの交換理由としては、アンテナの劣化等が多いですが、今風のカッコいいデザインアンテナに変えたいという希望もあったりします。

地上デジタル放送が始まってアナログ放送用のVHFアンテナを、地上デジタル放送用のUHFアンテナに変えなければいけませんでした。

その際に目立たなくてカッコいいデザインアンテナに変えたり、ケーブルテレビに変えたりした方もいらっしゃったと思います。 

最近は、デザインアンテナという壁に取り付けるボックスタイプのアンテナが人気があります。

でも、建物や森林などが家の周りにあり受信環境があまりよくないところでは、壁設置やベランダ設置などは感度が弱く、

屋根の上に設置する八木式アンテナの方が対応しやすい場合もあります。

八木式アンテナというのは、魚の骨のような形をしているアンテナです。屋根の上によく見かけますよね。

デザインアンテナが販売され始め、購入する側のニーズに合わせてアンテナの形が選択できるようになりました。

これから、アンテナを設置するという方で、アンテナ設置について何かわからないことなどありましたら、

お気軽にアンテナの棟梁にご連絡いただければと思います。

昔からある八木式アンテナ

念願のフラットアンテナの設置で、テレビを見ることができました。

アナログ放送が終了してから、2年以上経ちますが中にはテレビを見ずに過ごしている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

地上デジタル放送を見るためには、アナログ放送の時の受信設備では見ることができません。

なので地上デジタル放送を見るために、UHFアンテナと地上デジタルチューナーもしくはチューナー内蔵のテレビが必要です。

地上デジタル放送受信用のアンテナは、各メーカーが色々販売しています。

だいたい魚の骨のような形の八木式アンテナか四角い箱のような形のフラットアンテナのどちらかになるんですが、

フラットアンテナを選ぶ方が増えてきています。

アンテナを選ぶときはインターネットで情報を収集すると、性能の良いアンテナを探すことが出来るので、

参考にされるといいと思います。

フラットアンテナの場合、自分で取り付けることが可能です。アンテナを購入すると取り付け説明書があるので、

DIYが趣味の方なら、楽しみながら取り付けることができるかもしれません。

ですが、やはりプロにお願いしたほうが確実です。

あと、フラットアンテナの場合壁に設置するタイプなので受信環境が良くないとうまく機能しない場合があります。

なので、設置をお願いする業者に自分の家の電波状況なども調べてもらえば、それによってフラットアンテナが使えるかわかります。

あとは、設置業者に相談してアンテナを設置すれば、快適テレビライフが手に入ります。

アンテナの棟梁では、無料相談、無料見積りを行っていますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

フラットアンテナ