地上デジタル放送ってどんな仕組みになっているの?

私は地上デジタル放送が始まってからというもの快適にテレビを見ることができています。
これまではアナログ放送が一般的でしたから、電波が悪くなったりするとテレビが見えにくくなってしまうことに悩みを持っていました。

さてここで質問です。アナログ放送とデジタル放送の違いはなにかわかりますか?
まず電波をアンテナで受信して、テレビを見るというのはどちらも変わりません。
しかしその送り方が違っているんです。電波とは空気中に飛ばすことができる電気の事なんです。

空気中なのでいろいろな方向に飛んでいってしまうので、どんどん電波が薄くなっていきます。それが電波が弱い、強いに関係してきます。

そしてそれをキャッチするのがアンテナです。
アナログ放送は、画像のもとになる電気の強さをそのまま電波で送っていたので、電波が弱いと画像が見にくくなるといった現象が起こりました。

デジタル放送は、電気の強さを数字で送っているので、電波が弱い地域でもその数字さえキャッチできれば綺麗な映像を見ることができます。
現在は全て地上デジタル放送になっているので、みなさんのご家庭ではこの数字の電波によって綺麗な映像を見ていらっしゃると思います。

そんな性能のいいアンテナですが、万が一雷や台風で故障してしまったり、アンテナ交換が必要になったときは、アンテナの棟梁にご連絡ください。
アンテナの棟梁では、アンテナの設置工事を行っています。BS放送やCS放送(スカパー)などのアンテナも取り扱っていますので、
アンテナについてご質問、ご依頼などがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

棟梁ドットコムのアンテナ工事ページへ