衛星アンテナって何?地上デジタル放送のアンテナとは違うんです。

衛星アンテナって何

衛星アンテナといっても、馴染みがあるものでBSアンテナとCSアンテナ(スカパー)があります。

簡単に仕組みを言うと地上デジタル放送は、電波塔から電波を受信してテレビを視聴するもので、
それとは違い、衛星放送は宇宙にある衛星から電波を受け取りテレビが視聴できる仕組みです。

なので、地上デジタル用のアンテナとは形も違って、丸型のパラボラアンテナというものを設置します。

地上デジタル放送では流れないテレビ番組を見ることができ、専門的な分野だったり、万人ウケではなく個人の好みに合わせた番組も多いので、
好きなアーティストがどうしても見たい人や、スポーツ番組を見たい、映画を見たい人などが使用したりします。

衛星アンテナでも、BS放送はアンテナを設置すればあとは無料で見れるものが多いです。
WOWOWなどの映画チャンネルなどは、有料なので別で契約をして見ることができるようになります。
CS放送(スカパー)は、大体が有料なので契約をして視聴できるようにするのですが、自分で視聴する番組を選べるので、
その分だけの料金を払うという形なので、無駄にお金を払うことがないようになっています。

アンテナは、通販で見てみると安い物で3000円台から10000円程度のものが沢山販売されています。
アンテナを買うと設置を自分でできるように、説明書が入っていますが、配線などよくわからない方は設置業者にお願いしましょう。

アンテナ込みで設置工事を行うところや、設置だけを行っているところもあるので、色々調べてどのように依頼するかですが、
例えば、アンテナ購入も全部込みでお願いするのか、自分でアンテナだけは購入して設置だけお願いするのか、
自分で購入して自分で取り付けるのか、費用のこともあるのでそれも含めて検討しましょう。

棟梁ドットコムではアンテナ設置のプロである職人さんが、現地に伺って電波状況・アンテナの現状などをしっかり把握したうえで最適な新アンテナのご提案を行なっていますので、アンテナの不具合、ご相談等ありましたら、お気軽にアンテナの棟梁にご連絡いただければと思います。

棟梁ドットコムのアンテナ工事へ