自力でアンテナ設置をしようとしている方へ、デジタルアンテナの設置法

2011年に地上デジタル放送に完全移行しましたが、新築を購入した際や、強風や雷などで故障してしまった場合、
地デジアンテナやBSアンテナを新たに設置しなければなりません。今回はDIYを行う時の為に設置方法を少し説明します。

地上デジタル放送のアンテナ設置についてですが、UHFアンテナというものを設置します。
以前のアナログ放送ではVHFというアンテナだったのですが、これはまた別のものです。

これも古いものだと帯域が違う場合もあるので、アンテナの両端や防水キャップが黄色かどうかを確認して黄色なら全帯域のものなので問題ありません。

設置方法ですが、最寄の送信所(東京スカイツリーなど)を総務省のウェブサイトなどから確認して、そちらの方へ向けて設置します。
受信レベルを見ながら微調整を行いますが、地域によってはブースターを設置する必要な場合もあります。

続いてBS放送ですが、地上デジタル放送は、おおまかでも十分見れるのですがBSデジタルはそうはいきません。
BSデジタルのアンテナの設置は、手すりなどに取り付ける場合が多いですが対応したアンテナセットを購入する事が重要です。
BSデジタルはアンテナの位置がキッチリ決まっていないと全く映らないので注意です。

こう書くとハードルが高く感じてしまいますが、コツがあって縦の角度を正確に決められれば、ほぼ失敗しません。
縦の角度が決まれば、後は水平に位置調整して、映った所で止めれば良いだけです。
縦の角度についても、アンテナ器具に角度を示すメモリがついているのでさほど難しくは有りません。

とここまで、アンテナ設置の説明をしましたが、ご自分でされるのは危険なので、注意をしなければなりません。
不安な方は、アンテナの設置業者にお願いするのが一番いいと思います。業者にお願いすれば自分でするより短時間で正確に行ってくれます。
中には悪質な業者もあるので、依頼する場合は何社か調べて値段も保証も安心できる所にお願いしましょう。

棟梁ドットコムでも、キャンペーンなどを行っていますので、ご依頼等ありましたらご連絡ください。

棟梁ドットコムのアンテナ工事へ