電波が弱くテレビの映りが悪い時はブースターを用いる事で解決出来る場合が有ります

アンテナ工事ブースター設置

テレビアンテナをきちんと設置しているのに、テレビの映りが悪い場合はその地域に届いているテレビの電波が弱い可能性が有ります。

テレビを見ている途中にブロックノイズがしょっちゅう出たり、画面が真っ暗になってしまうような状態では、まともにテレビを楽しむ事が出来ませんので対策をする必要があります。

この問題を解決する方法の一つに、テレビアンテナのブースターを用いる方法があります。

テレビアンテナのブースターは、テレビアンテナが受信している弱い電波を増幅して強い電波に変えて、テレビの映りを良くするという物です。
ブースター自体は、ホームセンターや家電量販店などで売られていますので、自分で取り付ける方もいらっしゃいます。

ここでワンポイントなのですが、テレビアンテナのブースターは取り付ける位置によって効果が上下しますので注意が必要です。取り付ける際には、アンテナから出ているケーブルと接続しているテレビの間のどこに設置するかという事になるのですが、出来るだけアンテナに近い位置に取り付ける事で、効果を発揮する事が出来ます。

アンテナのブースターというものが何なのかもわからないという方なら、迷わず設置業者にお願いしましょう。
特に屋根上にアンテナがある場合、ブースターも屋根上からの設置になることもあるので危険です。

電波が弱い地域の場合はこういったほんの少しの違いで、テレビが映ったり映らなくなったりするのです。

テレビの映りが悪い、ブースターを設置したいなどテレビアンテナのことでお悩みの場合は、お気軽に棟梁ドットコムにご連絡ください。

棟梁ドットコムのアンテナ工事へ