スタイリッシュな外観が人気のデザインアンテナがおすすめです

こんにちは。自分たちでできることは自分たちでやってコストは抑えながら、少しでも快適でおしゃれな住環境にしたい!と日々考えている主婦あづさです。
リフォームやその他住まいのことをお考えの皆さんにとって、お役に立てるような記事を主婦目線でどんどん発信していきたいと思います。

八木式アンテナとデザインアンテナ

地デジ放送が見たいという場合、アンテナは八木式アンテナかまたはデザインアンテナかを選ぶことになります。
その違いを下の表にまとめてみました。

費用も安いし感度も良い八木式アンテナは捨てがたかったのですが、少し費用はあがるもののやはり家の雰囲気に合うデザインアンテナの方が魅力的でそちらを設置すべく詳しく調べることに。

人気を博しているデザインアンテナ

デザインアンテナというのは従来の屋根の上に設置するタイプではなく、壁などに設置できるパッと見た目はただの平べったい四角い箱のようなアンテナで、「フラットアンテナ」「平面アンテナ」「ボックスアンテナ」とも言われています。

マスプロ電工、日本アンテナ、DXアンテナといった大手メーカーから多数発売されており、色や形状も豊富ですので、おうちの雰囲気に合わせたお気に入りのアンテナを選ぶのも楽しい作業かもしれません。

たとえばDXアンテナから販売している「UAH201」などは色が、オフホワイト・ライトブラウン・ブラックブラウン・ブラックと4色展開で、薄型・コンパクト化を実現しつつ、20素子相当なので八木式アンテナと同じくらいの受信感度も備えています。
※素子とは「魚の骨」八木式アンテナのうち細い方の棒のこと。素子が多ければ多いほど、受信感度は高まります。

テレビを見るなら知っておきたい3種類のアンテナ基礎知識

20素子相当とは、もし八木式アンテナだったら、素子が20本付いたアンテナに相当するくらいの受信感度を備えているという意味です。

デザインアンテナはDIYで取り付け可能?!

堅実な主婦としては屋根にのぼらないでいいのならもしかしてDIYで取り付けたら節約になるんじゃない?と考えたのですが、はっきりいってどの方角に取り付けたらいいのかすら不明ですし、電波塔の方向を何とか調べて取り付けたところで受信感度が悪かったらまた付けなおし・・・そうこうしているうちにせっかくの新居の壁がビス穴だらけ、あるいは安く仕上げたつもりが取り付け方法が悪かったためにアンテナが落下して破損・・・なんてことになっては目も当てられないと思いなおし、早い段階であきらめました!

もしDIYでデザインアンテナの取り付けをお考えの方は必要な工具や知識、手順などをちゃんと調べてからトライしましょう!

電波受信の強さ「電界強度」で最適なアンテナ選び

電界強度というのは、その地域に届く電波の強さのこと。その強さによって高電界、中電界、弱電界と表現されます。電界強度に適したアンテナを選ぶことで電界強度が弱いエリアでも視聴できる可能性は高まります。

ちなみにお住まいのエリアの電界強度を調べる方法で一番手っ取り早いのはご近所さんのアンテナを見てみること。

八木式アンテナの素子(「魚の骨」のうち短くて細い方の棒を素子と言います。)の数が多ければ多いほど、電波の受信感度が良くなるため、大きくて横棒いっぱいの八木式アンテナがご近所さんに多ければ、その地域は電界強度が「弱い」可能性があります。

なおデザインアンテナには素子が付いていないため「素子相当(八木式アンテナだったらこれくらいの素子を持ったものの受信感度)」という言い方で受信感度を表します。
ただ実際のところ、電界強度はエリアというより一軒一軒によっても状況が変わることが多いので、アンテナ設置をする前には必ず先に電界強度の調査を行なってもらいましょう。

そしてお住まいの地域の電界強度を踏まえたうえで、性能・デザインともに納得のいくアンテナを選ぶことが大切です。

値段の高いアンテナにしておけば間違いないの?

ちなみにわたしは「電界強度」なんて面倒なことを考えずに値段の高いアンテナを買っておけばいいのかな?なんて考えていました。
同じように値段が高いアンテナであれば地上デジタル放送を綺麗に見れると思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ところが実際はそんなことありません。
テレビは映るか映らないかのどちらかですので、映ってしまえば、それ以上の画質も、それ以下の画質もありません。
高価なアンテナは配線などが劣化しにくくなっている、受信感度が良い、など良い部分もありますが、テレビが映ってしまえば、安かろうと問題なしです。

棟梁ドットコムでは電界強度の調査を踏まえたうえで費用対効果の最適なおすすめのデザインアンテナをご提案させていただきます。

棟梁ドットコムのアンテナ工事へ