アンテナのブースターは電波が弱い所の必需品です。

アンテナのブースター

テレビというのは気軽に情報が得られる便利なものですが、テレビアンテナがなければ視聴が出来ないのです。

テレビの電波は送信アンテナから送信されています。もし住んでいる地域が送信アンテナから遠いだけでなく、
周りを山に囲まれていたとしたらとても電波が弱くなってしまっています。

ですからアンテナだけ立てても、きれいに映らないチャンネルが存在してしまっているのです。
幾らアンテナを高性能なものにしたとしても、きれいに映ってはくれないのです。

そこで、方法としてアンテナにブースターを取り付けて電波を強くする方法があります。
それだけで、周りを山に囲まれていても、すべてのチャンネルがきれいに映るようになる確率が高くなります。

ブースターというのは大きく分けて二つあります。
一つはアンテナ直下に取り付けるアンテナのブースター。
もう一つはテレビの近くに設置するブースターです。ですが画質の事を考えたらアンテナ下につけるブースターの方が良いと思います。

テレビの近くに設置するブースターではテレビの信号がかなり減衰してから信号を強くすることになります。
ですから信号の質の面で不利となってしまう事があるのです。
テレビの画質を落とさずに楽しみたいのなら、アンテナ下に取り付けた方がベストと言えます。

テレビの電波は山奥だけでなくビルが多い都会でも弱くなってしまう事があります。
なので都会でもアンテナのブースターを取り付けた方が良い場合もあります。

アンテナ設置工事を行っている業者なら、そのあたりも含めブースターを取り付けた方がいいと判断する場合があります。
その際に、依頼者にきちんと説明するところと、何も言わず後で高額な金額を請求してきたりする所もあるので、
事前に無料見積もりなどができるところに依頼して、どれくらい費用がかかるのかなど把握しておきましょう。

棟梁ドットコムのアンテナ工事へ