屋根の上の目立つアンテナをどうにかしたい。平面アンテナは目立たないので建物の外観を損ねません。

平面アンテナは目立たないので建物の外観を損ねません

新築の住宅などの場合に美観を損ねたくないという理由で、屋根にテレビのアンテナを設置したくないという人も少なくありません。
一般的なテレビアンテナは魚の骨のような形状をしていますし、屋根の上でかなり目立つ存在となってしまいます。

そこでおすすめしたいのが平面アンテナです。平面アンテナは今までの一般的なテレビアンテナとは異なり、
平面のパネルのような形状をしていますので、設置しても殆ど目立たないというメリットが有ります。
またその形状から壁面に取り付けるのも容易ですし、ベランダなどにも簡単に設置できます。

屋根の上に設置しないで済みますので、屋根を傷める心配もありません。

ですが平面アンテナの性能にもよりますが、まず一般的なテレビアンテナと比べて感度が低くなってしまうこともあるので、
十分に受信が出来ない可能性が有ります。

最近では、弱電界域でも使用が可能な平面アンテナも出てきていますが、受信感度を上げるためにブースターを使用することが多いです。
自宅の受信感度など調べることもできるので、それに合わせたアンテナを選びましょう。

また受信が上手くいかないからといって、壁から屋根の上に設置場所を変更するのも事実上出来ないと考えておく必要があります。
平面アンテナは壁面には取り付けやすいのですが、風の影響を受け易いので屋根の上には取り付けをするのには向いていません。
また一般的なテレビアンテナよりも価格も高いので、あくまでも住宅の外観を損ねたくないといった理由が有る場合に、

平面アンテナを選択する事をおすすめします。

棟梁ドットコムのアンテナ工事へ