屋根の上のアンテナは何年設置されていますか?古くなったらテレビアンテナ工事をしよう

みなさんの家庭にあるテレビアンテナですが、しっかりとメンテナンスされていますでしょうか?

何十年もそのまま放置してるなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
アンテナは屋根の上にある場合がほとんどですので危なくて、普通の人がメンテナンスするのは大変危険です。
そこでプロの出番というわけです。

アンテナは屋根にしっかりと固定されていますので、基本的には外れたり、落下したりといった事は無いようにできています。

しかし最近の異常気象に伴い、今まで経験した事の無い、威力の強風が吹く事もあります。竜巻が発生したという話も珍しくありません。
そんな天災時にもしっかりと対応するために、老朽化したアンテナの改修、補修工事の需要が高まってきています。

いつ起こるかわからない、大型台風や突風、竜巻、ゲリラ豪雨。その際自分の家のアンテナが飛ばされて、
通行人に怪我を負わせてしまったり、飛んでいったアンテナが隣家にぶつかり、器物破損なんて事も想定されます。

今ちゃんとテレビが映っているからいいや、という事ではなく、固定されたワイヤーやボルトに劣化は無いだろうかと定期的なメンテナンスが必要です。
何十年も放置しているアンテナがありましたら、テレビアンテナ工事店に相談することをオススメします。

棟梁ドットコムでは、安心・安全をモットーにアンテナ設置等を行っておりますので、何かありましたらご相談ください。

棟梁ドットコムのアンテナ工事へ