ビルトインガスコンロの交換時期目安

こんにちは。自分たちでできることは自分たちでやってできるだけコストは抑えながら、少しでも快適でおしゃれな住環境にしたい!と日々考えている主婦あづさです。

リフォームやその他おうちのことを考えている皆さんのお役に立てるような記事を主婦目線でどんどん発信していきたいと思います。

 

今回は、ビルトインガスコンロの耐用年数や交換時期の目安などについてお話します。

ガスコンロの寿命は?

一般的にガスコンロの寿命は8年~10年程度と言われています。お使いのコンロが10年近く使用しているものなら、以下のような不具合がないかチェックしてみましょう!

  • 点火しにくい
  • 火が均等に燃えていない
  • 炎の色がキレイな青色でない(赤や黄色、オレンジの部分があるなど)
  • グリルからの排煙が増えた
  • 炎の調整がしにくく強火と弱火の差がない
  • 火が勝手に消えることがある
  • 操作パネルに不具合がある

耐用年数が浅いのに、このような問題がある場合は、電池切れなどの電気系統のトラブルや、お手入れ不足が原因のセンサーの誤作動などの可能性も考えられます。

こまめなお手入れでガスコンロを耐用年数いっぱいまで大切に使うこともできますが、逆の場合もありますので、使用年数が浅くてお手入れ不足の心当たりがある場合は、一度きちんと清掃できる部品は清掃してみてくださいね。

ガスコンロの寿命が縮まるケース

先ほど一般的にガスコンロの寿命は8年~10年程度と述べましたが、これはあくまで目安であり、お手入れや使用頻度、使い方で寿命が縮む場合もあります。

たとえば煮込み料理が好きで、何時間も点火していることが多いご家庭や、揚げ物が多くて油などの飛びはねが多いのにお掃除はほとんどしないというご家庭などでは、耐用年数は10年より縮まっていると考えて、不具合に用心してください。

では逆に大切に大切に使えば10年より長く使うことができるのかというと、残念ながらそこはあまり期待しない方が良いかもしれません。

なぜならメーカーもコンロの耐用年数目安は10年程度と考えているため、10年以上経過すると交換部品などのストックがなくなってしまうことが多いからです。

また10年も経つと安全基準などもかわることがあり、当時は最新だったものでも現在の安全基準を満たしていないなどということも起こり得ます

問題なく使えているようでも、10年以上が経過したコンロではいつトラブルが発生してもおかしくありませんし、保証期間もとっくに切れたコンロでは誰にも補償は求められません。

また基本的に毎日使うものでしょうから、故障してから交換を手配するのは非合理的ですよね。

ガスコンロはおうちの中でもガスを直接使う危険度の高い設備になりますので、使用年数が10年を過ぎたら、点検・修理・交換を考えましょう

 

特に先に述べたような不具合がある場合は、たとえ10年経過していなくてもメーカーに問い合わせが必要です。

ただ5年以上を経過したものの場合、交換用の部品のストックが無くなり始めている可能性もあり、交換も視野に入れて考えた方が良いかもしれません。

10年近く経ったものであればほぼ確実に「交換」と思ってください。 

ガスコンロ買い替えのタイミング

ガスコンロの故障で最も恐ろしいのは、ガス管の劣化や不完全燃焼などによるガス漏れ、そしてガス漏れに伴う火災や爆発事故。これらの事故が起こると人命にもかかわりかねない甚大な被害が発生する可能性があります。

ガスホースの亀裂・バーナー部分のサビ・腐食などの異常が見られたら、迷わず業者さんに問い合わせてください

また、先に述べた不具合がみられ、自分でできるお手入れを行なっても状況の改善がみられない場合も早めに業者さんに相談してください。

部品交換などの修理が可能なケースもあると思いますが、その部分が直ってもまた次どこか不具合が起こりかねないような5年~8年以上使用されているコンロの場合、もしかすると思い切って新しいコンロに交換したほうが結果的にリーズナブルだったということもありますので、業者さんの意見を求めることをおすすめします!

2008年以前のコンロは交換必須?!

2008年以降、一般家庭用のガスコンロには、

  • 調理油加熱防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • コンロ消し忘れ消化機能
  • グリル消し忘れ消化機能

などの「Siセンサー」の搭載が義務化されました。Siセンサーの標準化以前の製品では安全装置が付いていないものがほとんどで、ガスコンロが原因の火事も多くみられました。

2008年より前に製造されたコンロであれば、確実に耐用年数目安である10年は経過していますし、このSiセンサーも搭載されていないはずです。

大きな事故が起こる前に交換を行なうよう気を付けてください。

どんなコンロに交換すればよいかわからない

いざ新しいコンロに買い替えようと思い立っても、どのようなコンロに交換してよいのかわからないという方多いと思います。

ますはガスのタイプ(プロパンor都市ガス)、それから天板のサイズ(60cm or 75cm)、そしてどんな機能が必要か、さらには天板部分の素材や色など、検討しなければけないポイントはたくさんあります。

自分では決めきれない!という段階でもお気軽にプロに相談してみてください。棟梁ドットコムはじめコンロのプロの業者さんであれば、お客様にぴったりのコンロを提案してくれると思います。

おすすめガスコンロのページへ