最近のトイレはウォシュレットの進化が目覚ましい….

誰もが毎日、必ず数回は「用を足すため」に例外なくトイレを利用しているはず!
例えば立寄り先の施設や、知人宅でお借りした何気ないトイレに、思わぬ機能や動作に驚きを感じたことはありませんか?
気づけば、トイレって色々と快適さを求めて工夫されているんだなあ…と考える今日この頃。
今回は目覚ましい進化を遂げるトイレの最新(既に一般的⁉)機能を紹介します。

皆様初めまして。
トイレの販売や設置の業界に身を委ね、携わること早10年。
気づけば誰よりもトイレに愛情を注いで日々を過ごす、棟梁ドットコム商品担当の荒生(あらお)です。

突然ですが、皆様は初めて温水洗浄を使ったあの日のこと覚えていますか?
私は今でもはっきりと覚えています!
恐々と「洗浄ボタン」を押したとたんに、聞きなれない機械音とともにノズルが「ニョキッ」と現れ、水道水が勢いよく噴射!
途端に訪れるあのムズ痒さと爽快感たるや、まるで昇天するかの如く、快適さに身を包まれ「文明の利器」に感動を覚えたものでした。

それから月日は流れ、訪れた施設で用を足そうと個室に入り施錠をしようとした時のこと。
人影を察した個体は、聞きなれない駆動音を発しながら、便座のふたがゆっくりと開きはじめ、まるで「受け入れ態勢完了!」と言わんばかりの手厚いおもてなしで出迎えてくれたのでした。
その何気ない動作に感銘を感じつつ、便器という無機質な物体に感情移入しながら小さく感謝した。なんて日々もありました…。

便器・便座の交換時期の目安はおよそ10年に一度。

頻繁に交換できるものではないからこそ、自宅以外で利用した最新トイレの機能に新鮮さや奥深さを感じる事もしょっちゅうです。

ここではなかなか頻繁に体験する事も出来ないトイレに纏わる様々な機能を、私の実体験をもとに個人的な見解だけでお伝えできればと思います。
カタログ表記だけでは伝えきれない「トイレ交換の喜び」を感じて頂ければ幸いです。
今回は「温水洗浄便座(ウォシュレット)」編です。

※「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。本文では一般的に定着している「ウォシュレット」の名称で記しておりますが、「温水洗浄便座」または「シャワートイレ」のことを示します。

洗浄水の温め方 「瞬間式」と「貯湯式」

「ウォシュレット」の温水供給方法には2通りあるのをご存じでしたか?
「瞬間式」と「貯湯式」です。3人以上の家族でメイントイレとして利用するなら断然「瞬間式」をおすすめします。

文字通り「貯湯式」は予めタンクにお湯を貯めて、温まったお湯を洗浄に使う方式です。
数人が連続して使うような事があれば「お湯切れ」を起こしてしまう事もしばしば。
例えば、冬の寒い朝に「冷たいレーザービーム(⁉)」を浴びる羽目になってしまします。

でも、「瞬間式」なら、こんな目に合う事もありません。
噴射寸前、瞬間的に水をお湯に変えて洗浄します。
ランニングコストにあたる電気代も抑えられ、雑菌が繁殖しにくい為、衛生的です。

便座部分の温め方 「瞬間式」

「瞬間式」を採用した温め方式の物があります。
トイレに人が入ったことを感知し、検知後に即座に便座を温めます。
普段は熱源が稼働していませんので、もちろんランニングコストが抑えられます。

 「本当に直ぐ温まるの?」私も始めはそう思っていました。
心配するなかれ。
ちゃんと快適に温まってくれます。
「ヒヤッ」とするのは座り始めた
ほんの1秒程度。
「じわっ」と熱が奥まで伝わる感じも新鮮です。

便座に「室内暖房」の付加機能!

寒い日の朝、トイレはまるで修業の場の様に寒いですよね。
少しの熱源があるだけで、厳しさの度合いは全く違い、まさに別世界です。
そんな、悩みを解消してくれるのが「室内暖房機能」です。

 「ウォシュレット」の一部機種には「室内暖房機能」がついているものがあります。
狭い空間を邪魔する事無く、冬の個室を快適空間に変えてくれるはずです。
その性能は侮るなかれ!選択肢のひとつにする価値ありです。

「オート脱臭」・「オート洗浄」

「いつの間にか機能する」って気づきにくい事ですが、とても有難いことなんです。
とりわけ匂いや汚れは次の人の事を考えても、絶対に残したくないもの。
「オート脱臭」や「オート洗浄」はその代表格です。
そして、声を大にして訴えます!この機能、絶対にあって損はありません。 

「いつの間にか」が、その存在を希薄にしているようですが、実はこの効能こそが近代トイレの最も優れた機能です。

おしり洗浄力アップ「パルス洗浄」

洗浄水の噴射方式にも工夫がある事をご存じですか。
単なる温水噴射とは異なる「パルス洗浄」は、私の経験上、お試しの価値ありです。
小刻みに刻まれた強弱波の洗浄水が、洗浄部分をマッサージしながら、汚れをそぎ落としてくれます。

これに心地よさを感じるのは私だけではないはず⁉
洗浄効果の裏付けも去ることながら大変な爽快さを感じられるはずです。

カタログで調べても、ネットで検索してみてもあまり知りえない個人的な感想をまとめてみました。
是非、皆様の商品選定のお役になれれば幸いです。

「一見は百聞に如かず」

もし皆さまの出先で普段と違ったトイレを見かけましたら、お試し利用してみる事をおすすめします。それでは充実したトイレライフをお楽しみください。

今回は「ウォシュレット編」でした。
次回は便器部分の隠れた機能・効能に触れてゆきたいと思います。また次回お会いしましょう。それでは。